単純承認した後で借金が発覚した

被相続人が財産を残してくれた場合には特に借金などが見当たらないという理由で、単純承認をすることがほとんどです。
単純承認というのはプラスのマイナスも、そっくりそのまま自分の分与分を受けるということになるのですが、プラスばかりだと思っていた財産に後から借金が発覚したというケースもあります。
プラスしかないと思っていたため、単純承認をしたのに後で借金が発覚してしまえばこの借金についても自分が相続したことになってしまうので支払義務が発生することになります。
相続協議が終わっていれば、当然ながら他の相続人同士で相談することができずこの段階から限定承認に変えることなどもできなくなってしまいますので、借金をしていた相手先がどこであれ、相続人が支払を続けていかなくてはなりません。

しかし、借金そのものがあまり大きな金額でなければなんとか頑張って返すこともできますが、あまりにも大きな金額の場合には返すことができなくなってしまいます。
また次相続人が親族には内緒でヤミ金融からお金を借りていたなどという場合にもやはり返済をするのはとても難しくなりますので、こういった場合には、知らず知らず単純承認をしてしまった相続人が自己破産をしなければならないということもあります。
自己破産をはじめとして債務整理を行うことで、借金からは逃れることができますが、とても嫌な気分になってしまうことは間違いありません。

どのようにするかの選択は相続人の自由

単純承認をした後で借金が発覚した場合には単純承認として、プラスで分割した財産を借金返済にあてるのも相続人の自由になります。
また、プラスの部分だけは自分の手元に残した上で破産宣告を行い、借金の返済はしないといった選択も自由です。
ただし、前述の通り、闇金融などでお金を借りていた場合には債務整理を行ってからもしばらくは嫌がらせなどが続いてしまうことがあるので、精神的にはとても辛い思いをしなければなりません。

そのため、こういった事態を避けるためにも相続協議を行っていく中で被相続人に借金がないかどうかを徹底的に調べると良いでしょう。
銀行等であれば被相続人が亡くなった後口座情報を開示することによって、借金があるかないかを判断することができますが、クレジットカード会社をはじめとしてその他、最悪は闇金融でお金を借りていたりするとすぐには発覚することがなく、特に闇金融の場合には、被相続人が亡くなったことを知りながら、ある程度の期間が経過して相続が終わった頃に他の相続人に対してお金を返せと言ってくるようなケースもあるので、とても悪質で注意しなければなりません。

どのような形であれ責任は取らなくてはならない

上記のように単純承認の後被相続人の借金が発覚した場合には返済するという方法であっても自己破産をするという方法であっても責任を取らなくてはなりません。
このようなケースでは相続人が何も知らなかったばかりに破産に追い込まれてしまうということもあるのですが、基本的に単純な借金であればヤミ金を含めて自己破産をすることによってその後の返済義務は無くなります。
ただし、被相続人が生前に交通事故の加害者となっており、被害者に対しての補償問題が起こっていた場合には、自己破産によって免責が下りるわけではありませんので相続人はこの部分についてしっかりと弁済をしていかなくてはなりません。

このような部分についてはしっかりと覚えておいた方が良いでしょう。
もちろん被相続人の生前に交通事故など起こせば、親族が把握することになりますが、遠方に離れていて知らなかったなどということになると、あとで相続人がとても大変な思いをしなければなりません。
親族でさえもうっかり忘れていたなんていうことがあるので協議を行っていく中でこのような部分についてもしっかり確認した上で進めていくことが大切です。