遺産協議中に銀行から借金を知らされた

遺産分割協議を行っていく中でそれぞれの分与分について円満に話し合いが進んでいれば良いですが、円満に進んでいるにもかかわらず、被相続人が亡くなったことを知った銀行から突然連絡が入ることもあります。
これはどのような連絡かというと被相続人が生前に銀行からお金を借りている場合になりますが、せっかく遺産協議そのものがスムーズに進んでいるにもかかわらず銀行での借金が発覚することによって遺産協議そのものもゼロからやり直さなければならないということになってしまいます。

また、遺産協議を始めてから、若しくは財産があることを把握してから3か月以内に財産の放棄や限定承認などを行わなくてはならないといって決まりがあるため遺産協議を始めてから数ヶ月経過して銀行から連絡があったなという場合には、限定承認や財産の放棄などができず、単純承認としてこの借金も相続人の全てが背負わなくてはなりません。

1から全てやり直しをすることが大切

税理士さんなどを間に入れている場合であってもそうでなくとも、途中でこのように銀行から連絡があれば、協議そのものを最初からやり直さなければなりません。
3ヶ月以内であれば、限定承認や放棄をすることもできるので、こういった選択もできますが、基本的に限定承認の場合には相続人全てが限定承認を行わなくてはならないのでここで円満な解決ができるかどうかはそれぞれのご家庭によって変わってくるでしょう。

また借金があるなら、単純承認も限定承認も嫌なので、相続放棄をするといった場合にも他の相続人全てから同意を得なければならず、他の相続人の前で自分は相続を放棄するということを公言しなければなりません。
限定承認については全ての相続人が行う必要がありますので、プラスの財産と銀行からの借金のマイナス部分も全員が背負うことになります。

その上でマイナスとなる銀行への借金を返済することになるのですが、借金してでもプラスになると言えば、相続にはメリットになるでしょう。
反対に返済をしてしまうとプラスになる財産がほとんどなくなってしまうというケースでは相続人にとってメリットはほとんどありませんが、それでも借金返済を続けていかなくてはならないと言う責任はなくなりますので、デメリットにはならないといえるでしょう。

銀行で書類をもらってくることが重要になります。

前述のとおり相続協議が途中で借金が発覚した場合には協議そのものを仕切り直さなければならないのですが、その際には必ず銀行に足を運んでどれだけのお金を借りているのかということを必ず明白にしましょう。
その上で協議を行っていかなければ、それぞれの分与分についてや相続の選択をするにも難しくなってしまいます。
いつ何のために借りたお金なのかはもちろんですが、残りの借金がどれだけあるのかについてもしっかりと確認した上で相続人すべてが、改めて協議を行っていくようにしましょう。

また事前にこうしたことをしっかり防ぐために、被相続人になりうる立場の人は銀行などからお金を借りる際に自分が亡くなった際には借金返済義務がなくなると言う商品を選んでローンを組むのも一つの方法といえるでしょう。
そうすれば相続人に迷惑をかけることもなく少しでも自分がプラスとして残した財産があればこのような財産は相続人に分けることができます。
生前からこのようなことまで考えてお金を借りる人は少ないかもしれませんが、特に家のローン等に関してはこういった内容でローンを組んでおくことで、相続人に迷惑をかけることはありません。